検索
  • サル

FXSuitとは?『徹底解説します』

最終更新: 2019年9月26日



FXSuitはバミューダに法人登録されている海外証券会社です。

会社概要として住所は

『Continental Building, 25 Church Street, Hamilton HM12』

となっており、バミューダの中でも繁栄的なハミルトンの市街地に会社のオフィスがあります。



金融サービスを受ける側としては『会社のオフィスや会社のメインである取引きプラットフ

ォームは大丈夫なのか???』と心配になる方も多いと思うので、チェックしていきましょう!

まずはオフィス、バミューダ諸島チャーチストリートのContinental Buildingというしっかりとしたオフィスビルに入っており一安心、金融商品取引き業者によってはプラットフォームだけの提供で運営側である法人オフィスに関しては、『ここ大丈夫か!?』ってところも稀ではありません。


FXSuitの問題あれこれ

FXSuitは取引きプラットフォームの名称でありそのサービスの提供元はSalvax Limited社となっています。バミューダでの認可を取得しており正式な金融業者となってます。

ちらほらライセンスが無いと言ってる方を見かけますが認可は降りてるので問題はありません。



FXSuitの取引きメリット

FXSuitは200種類以上の金融商品の取引きを可能としており、自分自身にあった銘柄を選ぶのに十分な銘柄があります。その銘柄は貴金属、スポット指数やコモディティ、先物、株式、仮想通貨等の潰れる事のない市場で常に一定数以上で取引きされており、流動性に関しては十分であると言えます。


なぜFX Suitが注目されているのか?

なぜならば、究極のスワップ取引がFX Suitでのみ運用可能だからです!


*他の証券会社であれば、レバレッジの問題や手法自体を禁止しているため、FX Suitでしかこの運用手法が行えないのです。





322回の閲覧

© 2019 サル FX Suit